現代医学の盲点
自然治癒の症例

◆ガン・難病編
インフルエンザの盲点とがん難民(卵巣がん)の軌跡

インフルエンザが例年に比べ1ヶ月ほど遅れて流行しています。1月には、鳥インフルエンザも人インフルエンザも宮崎県が感染率全国トップで二位は福島県でした。2月に入り、愛知県が福島県を抜いて2位に上昇しました。手洗いとうがいとワクチンだけでは治まりそうにないようです。

日本では昔から風邪に感染したとは言わず、「風邪を引く」という表現が使われてきました。

感染という言葉は、英語で「infection」と表します。この言葉の意味には、病原体が体中に侵入することとあります。それに対して、風を引くの「引き込む」という言葉には、引いて中に入れる。あるいは「引き寄せる」とあります。

つまり、西洋医学の常識では、風邪は感染によってうつる病ということになりますが、東洋の考えでは、風邪は自ら引き寄せた結果の症状ということになります。

 全国的に学級閉鎖が広まっていますが、ワクチンや抗生物質に依存する前に、「引き込んだ」要因を調べて完全に断つことが重要なポイントです。  

冬場は、夏場に比べて日照時間が半減します。自然界の動物は、日照時間に比例して活動しています。しかし、学校の場合は、冬場の運動不足を解消するために、縄跳びやドッジボール大会などを奨励しています。

 冬場の運動のし過ぎは、発汗しやすい夏場に比べて、運動の後に出来る乳酸が滞留し筋肉が硬直しやすい状態になります。実際にインフルエンザに罹患した子供達は、全身に著しい硬直があるものです。

 全身、足がつっているような状態です。このような状態では血液の循環も悪く、免疫を司っている白血球も元気がなく、機能も低下し、萎縮した毛細血管に詰まります。さらに、鎖骨が歪み、気管支や胸腺の循環も低下しています。気管支の循環障害は咳を誘発し、胸腺の循環障害が自己免疫疾患を誘発します。

 胸線は、ウイルスに対して抗体をつくるTリンパ球を産生していますが、胸腺の循環障害からリンパ球をつくることが出来なくなります。そのため、風邪に比べて長引くと考えられます。通常は、ウイルスを特定し、化学薬品でウイルスを殺すことを選択します。

 しかし、化学薬品では本当の免疫は育ちません。慌てず、有機のりんごのすりおろしを食べさせ、おかゆを小食にし、便通を促すように、足腰から腹部、背中、肩首とゆっくりマッサージをしてみてください。

 全身の硬直が改善されると睡眠も、呼吸も深くなり、疲れが抜けると咳も熱も治まります。この時点で白血球の動きを確認すると白血球は元気に動いています。

 化学薬品を使わずに克服したウイルスには抗体がつくられ、二度と同じウイルスに感染しないか、あるいは軽くて済むようになります。
 この免疫を自然免疫といい、全ての動物が皆持って生まれています。

全身の硬直は、免疫疾患と言われている「がん患者」の場合も同様です。風邪を引くのと比べて、がん患者の場合は、はるかに硬直し、知覚神経の働きも鈍いことが共通の因子です。ゆえに、オーバーワークになりやすく、自己管理が出来にくいのです。

医学の進歩は目覚しいですが、平成17年度のがん患者数は62万を超えて増え続け、がんで亡くなった人は32万人を超えています。

また、がんに罹患し、手術、再発、抗がん剤を選択しても治りきらず悩んでいる「がん難民」は4人に1人の割合と言われています。「がん難民」は、真摯に患者の立場にたった医療を求めているのです。

しかし、病名にこだわり、がん細胞だけの研究のみに従事している専門医制度では原因を見つけることは不可能のようです。医師の更新制度も一考の時期かもしれません。

がんに罹患している人のストレスは人一倍大きく、血液は不健康になり、右側の骨盤は大きく歪み、ほとんどの脊柱は、硬直し、神経の通りを妨げています。そのため、食べ物が腐敗し、排尿が障害され、乳酸の解毒も出来にくい状態で発癌しているように思います。

愛知県で生まれたKさんは、20代で日本からアメリカへ渡り、98年5月に34歳で両側の卵巣がんを発症し、アメリカの病院で手術した後、内臓や骨盤にも転移し、余命半年の状態で帰国されました。しかし、地元の市立病院でも余命半年と診断を受け、生きてアメリカには帰れないとまで言われました。





写真(1)
■写真(1)は、再発し、抗がん剤で髪の毛が抜け、余命半年と診断され遺書を書いた時のKさん。

西洋医学に限界を感じ、断腸の思いで県外にある東洋医学の病院を受診しました。しかし、そこでも限界となり、他の民間療法も試みましたが良くならず、最後の手段として選択した自然免疫療法で、順調に生まれ変わり、ピアノ教師としても復職され、02年10月に体験発表した後、家族の待つアメリカへ無事に帰ることができました。

写真(2)
■写真(2)は、元気になってアメリカに住んでいる家族に会えると発表したKさん。
(02年10月)

Kさんは、全身の歪みを改善し、血液を健康にすることで命が救われたのです。汚れた血液が、がん細胞をつくり、健全な血液が生命力のある新しい細胞につくりかえたのです。

がんの再発や他の難病は優先して受け付けています。ご相談ください。


一般社団法人 ナチュラルメディスン
052-806-2178
ナチュラルメディスンでは手術なし、薬なしで治る研究をしています。
このホームページに記載されている情報および画像の無断転載、複製、配布、販売を禁じます。