現代医学の盲点
自然治癒の症例

◆その他
体験談―胸部の影が消えた!(静岡県在住 高橋富代さん)
症例提供:静岡支部 山本崇祐先生
私は御前崎市で、飲食店を経営しております高橋富代と申します。
 自然医学総合研究所の静岡支部山本先生の施術を受けて約1年程になりますが、今回嬉しい事がありましたのでご報告いたします。    
 と申しますのは、今年6月に受けた市の胸部検診で、例年、要精密検査と通知されていましたが、今年は異常なしとの通知が来た事です。
 私は嫁のヘルニアが山本先生の所で自然治癒した事がきっかけで、先生の所に通うようになったわけですが以前からの股関節症とか、首の痛み、不眠症などといった症状が少しでも軽くなればと途中に休んだりもしながら、今までに約40回程施術を受けています。
 昨年の事ですが施術を7回ほど受けた頃に血痰が出て、心配で先生に聞いたところ「良かったね、改善反応ですよ。心配要りません、喜んでください。」と言ってはくれましたが血痰と言っても私の場合、喀血と言ってよいほど量が多く、自分も家族もびっくりしてしまい、正直このままこの施術を受けて良いものなのか・・・と悩んだりもしました。
  しかし、自分の体調としては以前より良かったし、血痰も段々と薄くなって3日くらいで出なくなったので、安心出来たのを覚えています。そして、そうした出来事も忘れていたのですが、今年の6月に市の健康診断で胸部レントゲンを撮っていただいたところ異常なしの結果が出されたわけです。
  例年の検診では、結核の影と考えられます、医師の検査を受けてください。との事でしたので、毎年病院に行っていましたが、影は映ってはいるものの特に心配要らないと医師には言われていました。心配いらない・・・と言われてもやはり要精密検査の通知は毎年の事ながら良い気分の物ではありませんでした。
  例年の検査で写っていた影は、肺に汚れた血液が溜まって、その汚血が影を作っていたのだろうとの説明が、素人の私にもよく理解できました。 ただ、体調が良くなった、楽になったではなく、レントゲン写真で異常なしという良い結果が出された事で、施術を受けるのに自信が付いたような、今まで以上に信用して通える様な気がして嬉しく思います。
  これからも時々通いながら、元気に生きて行けますよう、健康管理に気を配って行きたいと思っております。宜しくお願いいたします。
掲載日:05/09/24

一般社団法人 ナチュラルメディスン
052-806-2178
ナチュラルメディスンでは手術なし、薬なしで治る研究をしています。
このホームページに記載されている情報および画像の無断転載、複製、配布、販売を禁じます。
TOP