現代医学の盲点
自然治癒の症例

ENGLISH
◆整形外科編1.
椎間板ヘルニア発生のメカニズム

(1)MRIで実証「軟骨の再生」

西洋医学では治らないとして扱われてきた椎間板ヘルニアは、その原因を改善することで修復することがすでに証明され、近年一部のヘルニアは自然治癒すると整形外科学的にも認められるようになりました。(2006年1月16日更新)ナチュラルメディスンでは、開業以来20年数年の間に150種以上の難病を克服した実績があります。

椎間板ヘルニア 施術前後比較   (左:施術前、右:施術後
椎間板ヘルニア 施術前

椎間板ヘルニア 施術後
初診時、腰椎4番と5番の間、5番と仙骨の間の2ヶ所で
後方に椎間板が突出している
治療5ヶ月後、ヘルニアが消失している。
軟骨部分が黒色から白色に変ったのは、
軟骨が再生したしるし。

左上は95年10月30日の術前のMRI 瀬戸市の整形外科で手術と診断されたとき

右は96年3月26日術後のMRI 自然医学総合研究所にてNRT自然免疫活性療法受療後、軟骨は修復しました。

通院3日目から激痛が半減し順調に改善し、2006年1月現在まで再発もなく元気でいます。


腸間膜根

左はストレスで骨盤を歪める原因となる腸をつなぎとめている腸間膜根。これが硬縮することで右の骨盤が歪みます。

腸間膜根(THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)  


(2)ストレスと椎間板ヘルニア
様々なストレスが、ある一定のレベルを越えて人体に作用することを、超特異的交感神経作用といいます。 この作用によって人体のあらゆる組識が硬縮します。骨格に影響を与えている起立筋や大腰筋の硬縮は骨盤の歪む原因になるほか、椎間板軟骨を圧迫します。これが持続することで軟骨は脱出します。

 

内腸骨動静脈・腰動脈
(図:THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)

大腰筋
(図:THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)
左上は、軟骨代謝に影響する腰動脈の解剖図です。右は腰椎を支えている大腰筋です。過剰なストレスは、大腰筋を硬縮させ、腰動脈という血管を圧迫します。そのため軟骨を代謝している滑膜に循環障害が起こります。軟骨には、血管はありませんが、滑膜にはあります。滑膜の循環が回復することで軟骨は再び分泌されるのです。

(3)滑膜の循環障害

左は、軟骨を分泌している滑膜の栄養血管です。

腰動脈の吻合血管と呼びます。 この血管の圧迫を取り除くことで、 軟骨は再生されます。

腰動脈
(図:THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)

 (4)椎間板ヘルニアと血液の汚れ

赤血球の連結

 

正常な赤血球

 
左上はヘルニアが発生した人の血液画像です。右は健康な人の血液です。
血液が汚れることで、疲れやすく、回復が低下してきます。  

5)白血球と軟骨代謝

不活性の白血球   活性化された白血球

      左上は動きのない白血球です。

         右は元気な白血球です。
                  
元気な白血球は、体内で循環しながらパトロールをして体を細菌や病気から守っているほか、軟骨代謝に直接関わります。さらに造血反応や骨代謝や痛みを止めるときに分泌される体内ステロイド反応なども行っています。しかし、残念なことに一般の病院の検査では、数のみの検査のため元気かどうかを調べることが出来ていません。

(6)痛みの原因

痛みには神経が直接圧迫されて出る神経痛と血液循環が悪化して起こる酸素欠乏にる酸欠痛があります。神経痛は神経の圧迫を改善することで改善されますが、酸欠痛は、その原因となっている血栓を溶解し、血流を改善することで改善されます。

(7)体内ステロイドホルモン

血液が浄化されると白血球は元気になります。白血球が元気になると、痛みを止める体内ステロイド反応が起こります。
それは、元気な白血球が、体内を循環しながら異常を発見し、サイトカインという遺伝子情報を伝達する液性の蛋白質を分泌することで、脳下垂体に連絡するからです。
白血球から連絡を受けた脳下垂体は、痛みを止めるために副腎刺激ホルモンを分泌します。
 .副腎から分泌されたステロイドホルモンが、患部に到達することで痛みは軽減されるのです。

NRT免疫活性療法とは、NATURAL RECOVERY THERAPY の略語で、生きた血液を画像でチェックし 従来の血液検査では得られなかった質や形状、働きを観察し、血液の状態をよくする事で、 免疫力を強化し且つ、全骨格矯正によって身体すべての細胞を活性化させ病気を克服する療法である。
掲載日:1999.03.06     
更新日2006/1/18     
一般社団法人 ナチュラルメディスン
052-806-2178
ナチュラルメディスンでは手術なし、薬なしで治る研究をしています。
このホームページに記載されている情報および画像の無断転載、複製、配布、販売を禁じます。

C)2000-2003 Spontane Medecine Synthese Etude Laboratoire.,  all rights reserved.