第40回日本免疫学会学術集会が開催されました。
NPO法人日本免疫学会の主催により、11月27日から29にまで千葉県幕張メッセ国際会議場にて学術集会が開催され27日にはおよそ3000人が全国から集結しました。
 内容は全国の国公立大学から慶応義塾大学など全国の主要な大学の教授らの発表に続き、各研究者の最先端の発表がおこなわれました。発表内容はポスター展示を含め300を超える勢いでした。
自然医学総合研究所では「ヒト免疫で8割の病気を克服できる」という新しい医学のあり方を「産学合同企画」と位置づけて提案しています。
今回は、世界の医学史に残るほどの内容で「巨大悪性リンパ腫をヒト免疫で治す」という報告を行い大盛況のうちに終えました。
来年は神戸で開催される予定です。
さらなる研究を進める決意を証明してきました。
この学会で発表した巨大悪性リンパ腫をヒト免疫で改善した自然治癒の症例は、こちらから
2011年11月29日