現代医学の盲点
大沼理論―アトピー性皮膚炎について


◆アレルギー疾患

重症のアトピー性皮膚炎について

★皮膚は第三の解毒の臓器です。
アトピーは、排尿・排便が不十分になったとき、生命を維持するために、血液中のよごれを皮膚から拝毒する生理的反応です。
★この作用がなければ、尿毒症になりますので、皮膚の上から強引に封じ込めるステロイド療法などは危険な選択です。
★第一に膀胱の働きを改善することです。
ストレスは右側の骨盤を大きく歪めます。
このため骨盤の内臓(尿管)や腎臓の中の毛細管も萎縮したものと思われます。
★第二の問題は、痒みと荒れです。
痒みの原因はブドウ球菌の異常繁殖です。また、荒れるのはカンジダ菌の異常繁殖です。この原因も骨盤の内臓が硬直したことで動きが小さくなっていることです。
場合によっては臓器が癒着している可能性もあります。
★次に、皮膚が破れやすい体質です。
この原因は、背中の硬直が原因で、自立神経の通りが悪くなり、特に胆嚢の働きが弱ったために、脂肪が分解されず、体内で活性酸素と結合して過酸化脂質ができ、
この脂質が血管の中膜を溶かしているからです。
これらの全ての問題を解決することで必ず回復に向かいます。
まずは鎖骨の歪みを改善し、熟睡出来るようにします。
★皮膚をきれいにするためには血液の汚れを改善します。

掲載日:

一般社団法人 ナチュラルメディスン
052-806-2178
ナチュラルメディスンでは手術なし、薬なしで治る研究をしています。
このホームページに記載されている情報および画像の無断転載、複製、配布、販売を禁じます。