トップタイトル-ナチュラルメディスン

今すぐ相談!!
矢印  病気でお困りの方は、先ずご相談ください。
施術予約
病気になる原因
自然治癒の原理
療法案内
アロママタッチ療法
症例
よくあるQ&A
セミナー申込み
セミナー案内
その他のお知らせ
症例動画等
 会員専用の免疫強化療法
 の補助としてご紹介します。
 ユーザー名とパスワードは、
 本部までお尋ねください。
  (会員限定)

menekikyouka

 以下の商品は、どなたでも
 購入していただけます。

書籍

健康器具

english

自然医学総合研究所



サイト内の記事の
検索にお使いください。

 
一般社団法人ナチュラルメディスン»  Bottom Menu»  代表理事プロフィール

代表理事プロフィール

大沼先生   大 沼  四 廊(おおぬま しろう)
  Sirou Onuma


     Nature Super Docter's Academy 理事長


  一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事

     代替療法研究家   名誉博士 生化学博士
 
1950年5月17日、北海道桧山郡江差町で、大沼入雄の四男として生まれる。
幼少のころより好奇心が旺盛で、何事にもポジティブに対応する性格であった。科学的思考は天才といわれた父親ゆずりで、その父親を最も尊敬する人物としている。
小学校3年よりギターを始めるかたわらで、生命の本質に深い関心を持ち、動植物の生態と自然との調和の観察にあけくれた。
中学の理科の授業で骨髄造血に疑問を持ち、教科書の記載内容に間違いがあることに気がついた。

1973年、分子矯正医学の通信教育を受講し独学で学ぶ。
1982年に国際自然医学会会長、森下敬一医学博士の提唱する腸管造血理論に啓発され食養生を学び認定を得る。
その後、千島学説と出会い、西洋医学の盲点と矛盾について本格的に研究を始める。

1983年に自然良能会、故五味雅吉会長に骨盤調整を師事。
1986年、同名古屋支部長として名古屋市天白に、自然良能会名古屋支部を開設する。ストレスと骨盤変位を解明以来、白血病、リウマチ、癌、奇形、てんかんなどの難病の自然治癒の研究を始める。

1988年より、自然治癒力研究会を発足。椎間板ヘルニアの自然修復をMRIで実証する。

1994年より、論文「自然治癒を科学する」をシリーズにて発表する。頸椎ヘルニアの自然修復、先天性股関節脱臼、アトピー性皮膚炎、視力回復、自律神経失調症、内臓疾患と自然治癒の可能性を追及する。
自己免疫疾患の医学的盲点と矛盾を解明。


 

経歴・活動

1973年より、分子矯正医学を専門に研究し始める。1982年に国際自然医学会会長、森下敬一医学博士の提唱する腸管造血理論に興味を持ち、その後、現代医学の盲点と矛盾について研究を始める。


1983年に自然良能会、故五味雅吉会長に骨盤調整を師事。1986年、同名古屋支部長として名古屋市天白に、自然良能会名古屋支部を 開設する。以来、癌、奇形、難病、てんかんなどの自然治癒の研究を本格的に始める。

1988年より、自然治癒研究会を発足。椎間板ヘルニアの自然修復をMRIで実証する。

1994年より、論文「自然治癒を科学する」をシリーズにて発表する。頸椎ヘルニアの自然修復、先天性股関節脱臼、アトピー性皮膚炎、視力回復、自律神経失調症、内臓疾患と自然治癒の可能性を追及する。自己免疫疾患の医学的盲点と矛盾を解明。

1997年、従来の血液検査の盲点に気づき、血液動態学の研究を始める。

1998年、血液動態学を確立し、自然医学総合研究所(現ナチュラルメディスン)を開設する。
日本文化振興会、元皇族・伏見博明総裁より社会文化功労賞を授与。

1999年12月、米国公益法人I・A・E University Bayard Bucky名誉総裁より、論文「CYTOKINE AND DNA REPAIR」が認定され、Doctor of Biochemistの称号を受ける。
2002年9月、上海中医薬大学、第8回国際シンポジウムにて、論文「CYTOKINE AND DNA REPAIR(サイトカインと遺伝子修復)」を発表した

2006年:第6回日本統合医療学会(愛知県大府市、健康の森プラザ)にて「ガンの盲点・白血病はガンではない」を発表

2009年:第13回日本統合医療学会(東大安田講堂)にて 「重度アトピー性皮膚炎の自然治癒、余命1ヶ月、難病散在性脳脊髄炎の自然治癒」を発表。

2009年:11月東京で国際連合協会の特別功労賞を授与される。

2011年:第40回日本免疫学会にて「悪性リンパ腫をヒト免疫で治す」を発表。


2012年:第15回日本統合医療学会(大宮ソニックシティ)「巨大悪性リンパ腫の自然治癒」を発表。
2013年:
肺腺がんや乳腺がんの原因である、石灰化の原因を世界に先駆けて突き止め、トータルケアにより体質改善を強化した。
2017年: Nature Super Docter's Academy を立ち上げ、有能な人材の登録と養成を始めた。
 
 著  書

 ・ ガン・リウマチ・ヘルニア 自然治癒を科学する ~サイトカインと遺伝子修復~    千早書房刊
 ・ がんの盲点 白血病はがんではない                            レーブック刊
 ・ 椎間板ヘルニアは確実に治る                                   三省堂書店刊



 府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所(前ナチュラルメディスン)   所属研究機関コード:6401329421
  大 沼 四 廊                       研究者番号:40539003

 
各界の先生方の推薦のお言葉を掲載します。

◆異端から正統へ 「がんの盲点 白血病はがんではない」発刊に寄せて  梶原拓・前岐阜県知事 

◆国際統合医学教育協会理事長  陰山泰成先生  ―日本における統合医療の夜明けにむけて―

◆2003健康フェアでの陰山先生の講演

◆安保徹先生の免疫の分かる本



2009年11月国際連合協会から特別功労賞受賞を授与いたしました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して、国際連合協会が顕彰したものです。


 
  
表彰プレート    日本語訳
 

●以下は研究発表の数々