トップタイトル-ナチュラルメディスン

今すぐ相談!!
矢印  病気でお困りの方は、先ずご相談ください。
施術予約
病気になる原因
自然治癒の原理
療法案内
アロママタッチ療法
症例
よくあるQ&A
セミナー申込み
セミナー案内
その他のお知らせ
症例動画等
 会員専用の免疫強化療法
 の補助としてご紹介します。
 ユーザー名とパスワードは、
 本部までお尋ねください。
  (会員限定)

menekikyouka

 以下の商品は、どなたでも
 購入していただけます。

書籍

健康器具

english

自然医学総合研究所



サイト内の記事の
検索にお使いください。

 
一般社団法人ナチュラルメディスン»  Side Menu»  自然治癒の原理--詳細編

自然治癒の原理--詳細編

自然治癒の原理
この自然治癒の原理を理解するためには、糖尿病を例にすると理解が早まります。
糖尿病が進行すると止血する能力が低下し、手術もできないと いうケースが少なくありません。その原因は、本来、血液に備わっている治癒力が、血糖値が上昇することで低下するからです。
ではなぜ、血糖値が上昇することで治癒力が低下するのでしょうか?
その答えは、血糖値が上昇することで血液が固まりやすくなり血栓ができやすく組織に酸素や栄養素を送ることができず、ガス交感もできなくなるからです。

ストレスと交感神経
その原因は日ごろからストレスを受けているため、エネルギーとなる糖分や油っこいものを早く食べる、沢山食べる、夜遅く食べるなど悪い生活習慣にあることは周知のとおりです。
つまり、過剰なストレスを負いながら、交感神経を過剰に働かせ、エネルギーの元となる糖分を常に燃焼させ、それを補うために過食する生活習慣が背景にあるということです。 交感神経を過剰に使うことは、糖分を分解してエネルギーを作った後、解糖後にできる乳酸が大量に発生し、血液や他の体液に悪影響を与えます。
具体的には、酸化の影響を受け、赤血球が変成し、栄養素を運ぶことができなくなり、ガス交換の能力も低下してしまいます。
そのためにとても疲れやすくなるのですが、ほとんどの場合「年のせい」にしているように思います。

体液の酸化と免疫力の低
また、白血球という免疫の細胞も、酸化によって遊走能が低下してしまいます。
白血球の遊走能とは、自己免疫力そのものですが
、このあたりから西洋医学では研究されておらず理解しにくくなります。
なぜならば、医学の常識では、血液の数だけを取り上げて正常か否かを判断しているからです。
私のこれまでの研究では、糖尿病に限らず、頭痛や腰痛や生理痛や生理不順や不妊症やがんやリウマチの場合も同様に、罹患した時点では、ほとんど例外なく白血球が元気がなく遊走能が低下していることが血液画像分析によって明らかになっています。
この問題は、アレルギーの場合にもあてはまります。

元気のない白血球が病気を招く
アレルギーの場合では、末梢血液中には不活性の白血球のほかに、あまり元気のない半活性の状態の白血球が多く見られます。
ここに、体質に関わる問題が発生します。
つまり、遊走能が低下した白血球は、血流に流され、毛細血管に詰まるということです。
毛細血管はティシュに水が浸み込むように、血液が浸透しなくては機能も低下しますが、遊走能が低下した白血球は血管壁に付着して進行することで、血栓となり、動脈硬化を促進し、血流を妨げ、エネルギー代謝が障害され、同時に二酸化炭素が充満し、最終的に細胞壊死に至り病変組織をつくります。

酵素と体力
また、循環の障害から手足が冷えやすく、体温の低下や発汗の障害によって徐々に代謝が悪化してしまいます。
また、冷えによって代謝を司る酵素群の働きが不活性になり消化や吸収や排泄が悪くなります。
発汗の障害は、乳酸の解毒を悪化させ、酸性の体質を誘発します。 この時点でpHを計ると確認できます。
健常者の血液はpH7.45といわれておりますが、酸性体質は一部を除き、多くの患者に共通する因子です。
酵素が不活性になると、消化、吸収、排泄、遺伝子の修復などが不調になり、体を構築するすべての細胞の膜が傷つき質や寿命にも影響が及びます。
つまり、糖尿病に罹患している方は、毛細血管そのものの新陳代謝が悪くなり、破れやすくなっているのと、白血球の働きが弱く、細菌やウイルスなどのほかに、不要となった細胞を除去する能力も低下しています。

白血球の役割
また、白血球の能力の低下が、自律神経にも悪影響を与えていることは近年の免疫学によってすでに解明されています。従って、解熱鎮痛剤や抗がん剤などにより免疫を抑制されることで自律神経も狂います。
白血球は、それ以外にも重要な役割をしています。

たとえば、骨代謝や造血反応にも関わっていますので、白血球の不調は体調の不調そのものになるのです。
つまり、糖尿病で手術もできないという状態は、毛細血管に元気のない白血球や死んだ古い細胞や変成した赤血球が詰まることで、血管はやぶれやすくなり、傷を治すだけの能力が低下するのです。
ゆえに、食生活を見直し、就寝時間を早くし、体液の酸化を中和し、浄化した血液が循環しやすいように骨格の歪みも改善し、白血球を活性化することが重要なのです。
血液は、食べ物や、食べ方でも変わりますし、酵素反応は体温の変化でも変わり、また睡眠の内容にも影響されています。当然、熟睡するほど疲れが取れますが、眠リが浅いというだけで疲れは解消できません。
睡眠の浅い人は、一晩中交感神経が働きエネルギーを消耗して血液を汚しているからです。
従って、食べ物や体温だけではなく、睡眠も自己治癒力を高める条件となるのです。
 しかし、睡眠薬や他の化学療法に依存することは、自殺を企てるなど副作用の問題から危険です。
化学薬品に依存する前に、肩こりなど睡眠障害の原因を取り除くことです。
特に、鎖骨の歪みは迷走神経の伝達を障害し呼吸が浅くなり、酸欠にいたる原因となる他に頭部の血流を直接悪化させることから脳細胞が酸欠にいたり萎縮したり、壊死する原因となることが多く、改善することが重要です。
 しかし、この問題にも西洋医学的な盲点があります。 鎖骨と迷走神経に関する研究が国際的に行われておらず、ほとんどの医療関係者に理解されていないからです。
さらに、治癒力が低下する要因として「過剰なストレス」との関わりもあります。

ストレスと歪み
私たちの肉体は、あらゆるストレスが過剰に働くことで、血液が汚れ、血流が悪化し、血管だけではなく、持続することで、すべての体細胞の新陳代謝が障害を受けます。
さらに過剰なストレスは、右側の骨盤を上に前に捻転するように働きます。
過剰なストレスが腸をつなぎとめている「腸間膜根」という組織を萎縮させるからです。これは骨盤の右側が上前方に歪む原理です。(詳細は「がんの盲点」という拙著を参考にしてください。)
 歪んだ骨盤の中では、腸骨筋や大腰筋などの循環が悪く。腰椎が捻転することで腰神経が圧迫され、腰痛の原因となります。ここでも、西洋医学の常識では理解されていません。 ストレスと骨格の歪みについて科学的な検証がされていないからです。
骨盤や腰椎の歪みはX線やMRIで客観的に確認できることですが、歪みの改善は、医療点数に加算されておらず報酬とならないため、関心がないからです。
しかし、ヨーロッパでは自然療法でも保険の対象になっているところもあります。
血液は、様ざまな条件で変化します。 悪い生活習慣では、治癒能力が低下し、健全な生活習慣では治癒能力が向上してくれます。
病状に紛らわされず、以上の問題を解決することでがんや糖尿病などの慢性疾患の場合でも、血液の持つ自己治癒力を高めることで怪我が治るように、良好な結果が得られるのです。


胸腺は免疫の組織

胸腺は、ウイルスに感染した細胞を攻撃するキラーT細胞を産生している外に、生まれながらにして持っているNK細胞やそれを援護するヘルパーT細胞産生しさらに、アレルギー体質に影響しているレギュラトリー細胞までをつくることで体を守っている免疫の重要な臓器です。また、胸腺は、鎖骨の間にあるため、鎖骨が歪むことで胸腺の循環が著しく悪化するため、免疫の細胞をつくる事が出来なくなるのです。
ゆえに鎖骨の歪みを改善することは、免疫力を直接高めることになるのです。西洋医学では胸腺は15歳をピークに退化する臓器と指導しているため、重要な臓器として認識されていませんが、胸腺が回復することで免疫力は高まるのです。従って、鎖骨の障害を改善し、胸腺の機能を高めることで健全な免疫の細胞がつくられるため免疫疾患や免疫不全など病名に関係なく治癒率を高めます。

■体液の酸化と遺伝子疾患
私達の体の70%程度は体液です。この体液が、疲れがたまることで汚れます。具体的には、交感神経を使うほど糖代謝が盛んに行われ、解糖後、乳酸が生じますこの乳酸も、循環が良ければ、肝臓に戻り、乳酸デヒドロゲナーゼという酵素の働きで、元の糖に還元されるのです。しかし、過剰なストレスは、還元能力を超えて乳酸を産生し、体液を強酸性に傾けますその結果、遺伝子を構成している「水素結合部」が破壊され「遺伝子が傷つき」遺伝子疾患が生じるのです。先天性疾患が生じるのも、母体の体液が酸化し、羊水の質が悪く、胎児の発育に障害を与えているからです。さらに、体液の酸化は、遺伝子疾患や免疫疾患以外にも他のあらゆる病気に共通した発病の因子として深く関わっているのです。しかし、体液の酸化が中和され、血液や隋液などの流れが回復することで、体温が向上し、遺伝子を修復するリガーゼやポリメラーゼなどの修復酵素が作られると壊れた遺伝子も怪我が治るようにして治るのです。

■総合免疫療法について
よって、健康を取り戻すためには、体液の酸化を中和することで、血液を浄化し、骨の癒着や歪みを改善することで自律神経の伝達を改善し、血管の圧迫を取り除くことで血流を安定させ、さらに、リンパ管の圧迫を改善することで排泄力を高める、免疫力を回復させることで新陳代謝を正常化し、遺伝子が修復する条件をそろえることが重要なのです。
私は、この健康法を「総合免疫療法」として開発し、下記のロゴは出願番号:商願2008-099616商標登録第5250720号にて、平成21年7月24日に特許庁より確定され商標原簿に正式に登録することができました。
総合免疫療法

府省共通研究開発管理システム登録研究機関
ナチュラルメディスン 代表理事 大沼 四廊
研究機関コード:6401329421
研究者番号:40539003