現代医学の盲点
自然治癒の症例

やけどの症例
粥川寛子ちゃん4歳 2006年2月22日

◆その他

寛子ちゃんは、2月22日に沸騰したお茶をこぼして焼けどしました。大沼先生を知っていた母親から、すぐに写メールで状況が送られてきました。 その結果、アロエベラの果肉を患部に張って冷やすことと、上質なラベンダーオイルの原液を患部に1日2回ほど噴霧するように指導しました。以下はその後の変化です
3月23日 4月23日
5月22日 6月16日
6月16日
自然医学総合研究所にて手当てを受ける寛子ちゃん
やけど”と言えば当然皮膚科でステロイド軟こうを塗ることが常識となっています。ステロイド剤の副作用は、血管を収縮させ、循環障害が起こるため、後が残ります。 しかし、大沼式の指導では、酵素療法や葉緑素療法によって血液を浄化し、骨格の歪みを除去することで、自己免疫力を高め、元の状態に戻すことが特徴です。 血液が浄化され、循環が回復することで、遺伝子は修復するように働くのです。これを自然治癒力と呼び、薬で治すよりもきれいに回復するのです。

掲載日:2006/7/19
TOP

一般社団法人 ナチュラルメディスン
052-806-2178
ナチュラルメディスンでは手術なし、薬なしで治る研究をしています。
このホームページに記載されている情報および画像の無断転載、複製、配布、販売を禁じます。