トップタイトル-ナチュラルメディスン

今すぐ相談!!
矢印  病気でお困りの方は、先ずご相談ください。
施術予約
病気になる原因
自然治癒の原理
療法案内
アロママタッチ療法
症例
よくあるQ&A
セミナー申込み
セミナー案内
その他のお知らせ
症例動画等
 免疫強化療法の補助食品としてご紹介します。

menekikyouka

 

書籍

健康器具

english

自然医学総合研究所



 
サイト内の記事の
検索にお使いください。

 

セミナーのご案内
















◇次回予防医学セミナー&体験会の日程 

◆スーパードクター養成講座

医者も知らない病気を治す身体の仕組み!

ラドン inスパインセラピーでうつ・難病も生還する!


会場:ウイルあいち  2F 調理スタジオ
時間:10時~16時30分まで
参加費:事前予約3500円 当日4000円


◆申し込み及び予約
052-806-2178まで(9:00~17:00)


◆テーマ:喘息と肺炎を科学する
      減塩と鎮痛剤で殺される! 
      講師:大沼四廊
◆テーマ2:医者の世話にならない生き方
       医者も知らない病気を治す身体の仕組み
       講師:大沼四廊
◆午後::ラドンinスパインセラピー:その他

******************************
予防医学セミナーは毎回 
午前10時より開講で16時30分終了です。


◆4月19日(日)  ウイルあいち 2F 料理スタジオ 
             実技指導:3F 会議室5

◆5月17日(日)  ウイルあいち 4F和室1・2

◆6月21日(日) ウイルあいち 2F 料理スタジオ
              実技指導会議室3

◆7月19日(日) ウイルあいち 2F 特別会議室



 
 ※セミナー室内では、主催者以外の撮影(動画・静止画共)は禁止しています。
 
アクセスマップ ●セミナー開催場所
ウィルあいち愛知県女性総合センター 名古屋市東区上竪杉町1番地

講演時間:午前10時~午後12時
※日程・会場は変更になる場合がありますのでご注意ください。

【行き方】
・ 地下鉄「市役所」駅 2番出口東へ徒歩約10分 

・名鉄瀬戸線「東大手」駅南へ徒歩約 8分
・基幹バス「市役所」下車東へ徒歩約 10分
・市バス幹名駅1「市政資料館南」下車北へ徒歩約 5分
※駐車台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。
 
 


◇予防医学セミナー常任講師のご紹介

● 酒向 猛 先生 (医学博士)

・元岐阜県立多治見病院外科部長
・千葉セントマーガレット病院 外科・統合医療外来担当医
・島村トータル・ケア・クリニック 副院長
・静岡富沢病院 勤務

● 岡田 恒良 先生 (医学博士)

・昭和55年岩手医科大学卒、岩手医大第一外科勤務
・昭和59年肝硬変とアミノ酸の研究で医学博士授与
・昭和62年から 名古屋大学第二外科勤務
・昭和63年から東海中央病院外科勤務
・平成2年から尾西市民病院外科部長勤務
・平成11年木村病院外科勤務
・平成14年おひさまクリニック開院(栄生)
・平成17年なごやかクリニック開院(丸の内)
・平成25年なごやかクリニック移転(丸の内)
 名古屋醫新の会代長・がんの患者会、いずみの会の顧問医 

 外科手術や西洋医学における3大治療ではガンは完治できない事を経験。血流悪化がガン発生の第一の原因と考え、
 それを克服するための治療方法を実践している。
 ミトコンドリアを増やし、精神面を改善、血液を浄化する事により1人でも多くのガン難民を救うため、
 そして『自立した健康人』を作るために精力的に活動を行っている。
 

◇予防医学セミナーで講師をしていただいた先生方のご紹介(順不同)

● 船瀬 俊介 先生(地球環境評論家)

・早稲田大学在学中に生協消費者担当組織部員として活躍
 学生常務理事として経営にも参加
・卒業後、日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加
・独立後、消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行う。
 現在も温暖化など地球環境問題から医療・食品・住宅に至るまで批判・提言を展開している。

● 田中 佳 先生

・脳神経外科医1960年東京都出身
・1985年東海大学医学部を卒業後、同大学付属病院脳神経外科助手を経て市中病院にて
 急性期医療に長年携わる。
・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本抗加齢医学会認定専門医
 現在は脳神経外科診療(保険医療)を行いつつ、予防医学の教育講演活動に取り組んでいる。

● 内海 聡 先生

・筑波大学医学部卒業後、東京女子医科大学附属東洋医学研究所研究生を経て
・東京警察病院消化器内科、牛久愛和総合病院内科・漢方科勤務
・2006年8月に牛久東洋医学クリニックを開業
・2013年4月、Tokyo DD Clinic開業、またNPO法人薬害研究センターを設立
 クリニックでは、薬漬け、薬害、依存という問題を鑑み、一般的な精神科治療を行っておらず、
 向精神薬や内科系、鎮痛系の薬の減断薬、およびワクチンの薬害反応に
 特化して診療をされている。